ペット葬儀・火葬・霊園に関する情報をご紹介!

ペット火葬・埋葬の種類

合同葬

僧侶が読経しお葬式終了後、お別れです。その後、他のペットと一緒に火葬します。火葬が終わると寺院で納骨しお墓に入れて供養します。お骨を拾うことや火葬に立会うことはできません。

個別葬

僧侶が読経しお葬式終了後、個別に火葬します。その後、納骨しお墓に入れ供養します。お骨上げは業者が行います。納骨をせずに、お骨を持ち帰ることも可能です。

立ち会い葬

僧侶が読経しお葬式終了後、個別に火葬します。希望者はご自身でお骨上げをすることも可能です。もちろん、お骨を持ち帰ることもできます。

自宅葬

自宅に移動火葬車で出張してもらい、葬儀火葬を行います。お気に入りの散歩コースで火葬することもでき、人気があります。しかし、ずさんな設備しか持ち合わせていない業者もあって、悪臭や煙でご近所とトラブルになり、問題となってしまいます。自宅での訪問火葬を選ぶ際には、きちんとした設備と技術を持った業者を選びましょう。

火葬炉の種類

移動火葬炉

車に小型の火葬炉を積み、車上にて火葬を行います。自宅近くで火葬を行ってくれます。(但し公道での火葬は法的に違法)また、24時間夜中でも火葬をしてくれる場合があります。火葬炉が小型なため、大型の動物は火葬が難しいです。(猫ぐらいの大きさなら無煙無臭にて火葬が可能ですが、それ以上になると技術的に無理です。(火葬炉メーカー談)火葬炉を持つこと事態に許認可を必要としない為業者の質が不明です。

固定式の火葬炉

霊園・火葬業者の敷地内に火葬炉を有し決められた場所にて火葬を行います。火葬の時間が制限されています。大型の火葬炉の所が多く大型のペットでも火葬が可能な敷地内に葬儀を行う施設を要する業者が多くきちんとした供養ができます。火葬炉を持つこと事で、許可や近隣住民との協議を行わなくてはいけない為、固定火葬炉を持っているところはある程度信用がおける業者です。場所にこだわらず東京の方でも千葉や埼玉などで葬儀会社を探すことをお勧めします。 納骨・埋葬の種類

合同の埋葬

他家のペットのお骨と同じ場所に埋葬し、お骨のお返しは出来ないようです。

棚墓地

ロッカー式の納骨場所に納骨(多くのペット霊園が採用)

個別墓地

人間のお墓と同じような形でお墓のカロートに納骨通常、墓地は霊園で使用権を買い。墓石は墓石屋に注文します。(非常に高額)

おすすめWEBサイト 5選

石垣島でシュノーケリング体験

Last update:2018/6/29

Copyright:(c)2008 ペット葬儀お役立ちサイト. All rights reserved.